今年こそ勝つ!夏バテ対策事典
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典

夏バテに決別するとっておきの方法教えます

HOME » 食が大切!今すぐできる夏バテの予防と対策 » これはNG!夏バテを招く食生活

これはNG!夏バテを招く食生活

ちゃんと栄養をとっているつもりなのに、夏バテしてしまうのは何故??と思っている方って、けっこういるのでは?

こちらでは冷たいもの、甘いもの、胃に負担のかかるものなど、夏バテを招く食材、食生活について紹介します。

食生活を見直して夏バテ予防しましょう

夏は暑いので冷たい飲み物をガブガブ飲んだり、食欲がないからとさっぱりとした麺類を食べがちですが、こういう生活を続けていると、ますます夏バテ症状を悪化させてしまいます。

夏バテの原因になる冷たい食べ物

暑いからと冷たい飲み物ばかり飲んだり、そうめんなどの冷たいものばかり食べていると胃腸の機能が落ちてますます食欲がなくなります。

また、冷房で冷えたところに冷たい飲み物や食べ物を摂ると、更に冷えを悪化させて疲労を貯めることになってしまいます。

疲労が増し胃に負担がかかる甘い食べ物

500mlのジュースや炭酸飲料には約50gの砂糖が入っていますが、砂糖を摂りすぎると、糖質分解のためにビタミンを使い血糖を急上昇させます。体は血糖を下げようと必要以上に働くので低血糖の状態になり疲労感が増します。

また、ビタミン不足や低血糖は疲労感やイライラ、集中力低下などの原因になりますし、砂糖を吸収するために胃の負担も大きくなって食欲不振の原因にもなります。

暑いからといって、冷たくて甘い飲み物えを飲みすぎたり、甘いスイーツを食べすぎないようにしましょう。

夏の食生活の乱れは、体調不良や胃腸の働きの低下を招くだけでなく、肥満や肌トラブルの原因にもなります。夏バテ対策だけでなく、肌荒れや夏太りや対策のためにも、健康的な食生活を心がけましょう。

 
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典