今年こそ勝つ!夏バテ対策事典
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典

夏バテに決別するとっておきの方法教えます

HOME » 食が大切!今すぐできる夏バテの予防と対策 » 【番外編】夏に勝つ生活習慣とは

【番外編】夏に勝つ生活習慣とは

地球温暖化現象のせいもあって、日本の夏は昔よりずっと暑くなっています。こんな日本の夏を乗り切るにはどうしたらいいのでしょう。夏バテの予防や対策として食に注意することは重要ですが、それだけではダメなんです。

こちらでは睡眠、運動、冷房の温度など、暑い夏に打ち勝つために有効な生活習慣を紹介します。

夏バテの予防と対策

夏バテの主な原因は自律神経失調、水分不足、胃腸機能の低下があげられます。

夏バテを防止、解消するためには、しっかりと食べ、十分な水分を補給し、冷房による冷えすぎに注意し、睡眠を•しっかりとる、適度に運動することが重要です。

しっかり食べる

夏は暑さで汗を沢山かくために、体内から多くのビタミンやミネラルが失われます。ビタミンやミネラルを補給しないと、ますます体力が落ちて夏バテになってしまいます。
夏にはしっかり食べて、スタミナをつけることが重要です。特に、失ったビタミンやミネラルを補給する必要があります。

十分な水分補給

暑いと汗が出て水分がどんどん失われていくので水分の補給が必要です。普段から意識して水やお茶を飲んで水分を取るようにしましょう。しかし、単に水分を取ればいいというものではありません。冷たいジュースやビールは胃腸機能を低下させ夏バテを促進させてしまいます。

冷房による冷えすぎに注意

酷暑の屋外とクーラーの効いた室内の出入りを繰り返していると、自律神経が機能不全を起こして食欲が低下したりめまいが起きます。屋外と室内の温度差は5度以下になるようにしましょう。
寒い時は上着を着るなどして対策してください。

睡眠をしっかりとる

連日の熱帯夜で寝不足になりがちですが、寝不足は体力不足を招き夏バテしてしまいます。あま熱帯夜はエアコン無しでは眠れませんが、睡眠中は体温が下がってしまうので、つけっぱなしでは寒くなってしまいます。寝る前にエアコンで部屋を冷やしておき、寝るときに切るかタイマーオフにするのがおすすめです。温度を28度くらいが適温です。

適度に運動する

人間の体は温まると眠くなる構造になっているので軽く運動して体を温めると眠りやすくなります。また、運動によって筋肉中の乳酸など疲労物質が排出されるため、血流が良くなり胃腸機能もアップします。
なかなか運動ができない人の場合は、寝る前に入浴をすることをおススメします。人間の体は一度暖まると眠くなるので、寝る前に入浴をすると眠りやすくなるのです。

 
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典