今年こそ勝つ!夏バテ対策事典
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典

夏バテに決別するとっておきの方法教えます

HOME » 夏バテの症状と原因をおさらい » 夏バテの原因

夏バテの原因

近年の日本の酷暑で夏バテする人も急増していますが、夏バテを防ぐには、まず原因を知ることが大事です。
こちらでは夏バテを引き起こす原因(夏バテしやすい体質をつくる原因、自律神経調節機能の低下や冷房との関係、そのほかの原因)について解説します。

夏バテの原因を徹底解明!

夏バテとは日本のような高温多湿の気候による暑さで身体が不調になることです。食欲不振による栄養不足、熱帯夜による睡眠不足、汗のかきすぎによる脱水症状や身体のだるさなど、症状は様々ですが、これらの症状が重なることで更に重い夏バテになってしまいます。軽く考えていると胃腸障害や栄養失調になることもあるので、早めに対策する必要があります。

自律神経調節機能の低下

夏バテは体温調節機能が働かなくなって自律神経調節機能が低下することが直接的原因です。
体温調節機能が低下すると、自律神経の調節機能が下がって内臓機能も低下するため、食欲もなくなってきます。食欲がなくなると体に栄養が十分に補給されず、疲労や体調不良をおこします。

また、夏に冷たい水分を多く摂ると胃腸の働きが低下し、消化不良や食欲不振になりますし、暑さによって大量の汗をかくと、ビタミンやミネラルなど体内の栄養素が汗とともに出てしまうので疲れやすくなります。

夏バテしやすい体質をつくる原因

夏バテしやすい人は、もともと胃腸が弱い、血圧が低いなどの体質の方が多いですが、夏の過ごし方に問題があるという方も多いです。そんなに虚弱体質でもないのに夏バテしてしまうという方は夏の過ごし方を見直すことで改善できる場合もあります。

  • 寝不足との関係
    寝不足は夏バテの原因になるので、不規則な生活を避けて夜はリラックスして眠るようにしましょう。寝る前にゆっくり半身浴すると、からだもリラックスでき、ゆったりとした気分で眠りにつくことができます。
  • 冷房との関係
    室内外の温度差が激しい夏は体温の調節機能が上手く機能しなくなるために自律神経が乱れます。そのため毛細血管の調整が上手くできなくなり、血液が末端まで運ばれず体が冷えてしまいます。夏バテと冷え予防のためにエアコンの温度はこまめに調節しましょう。
    冷房は28度以上が適温です。冷やしっぱなしも体に良くないので、タイマーを設定して時々止めるようにしてください。
    夏のオフィスはスーツを来た男性用の温度設定の事が多く、薄着の女性は屋外と室内の温度変化に体がついていけず夏バテの原因になります。オフィスでは膝かけをかけたり、スカートをやめてパンツにするなど体を冷やさないようにしましょう。
  • 食べ物との関係
    食べ物も夏バテには重要な関連があります。
    夏はついつい冷たいそうめんなどですませてしまいがちですが、栄養のためにも良くないですし、体を冷やしてしまって、ますます夏バテを助長してしまいます。夏バテを防ぐために、煮物や味噌汁などの温かい料理も食べるようにしましょう。
    また、暑さでビタミンが不足するので、野菜をしっかりとって栄養のバランスのよい食事を心がけてください。
    汗をかきたくないからと水分を控える人もいますが、脱水症状になるので水分も沢山とってください。
 
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典