今年こそ勝つ!夏バテ対策事典
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典

夏バテに決別するとっておきの方法教えます

HOME » 夏バテの症状と原因をおさらい » クーラー病との違い

クーラー病との違い

夏バテのせいで何もする気がしないとか、なんとなくだるいとか、食欲がないという方も多いと思いますが、夏バテとそっくりな症状でも、それはクーラー病かもしれません。
こちらでは夏バテの原因となるが、夏バテとは原因が違うクーラー病の詳細とその対策について解説します。

夏バテの原因ともなるクーラー病とは?

クーラー病とは冷えすぎが原因の体調不良のことです。
夏は冷房が効いた室内と厳しい暑さの屋外の気温差が大きいですが、こんな場所を頻繁に行き来したり、一日中冷房の効いた部屋にいると、体温調節機能が鈍くなることから自律神経失調症になり、倦怠感や疲労感などの体調不良を引き起こします。

また、血液やホルモンバランスにも異常が出てくるので、手・足・腰の冷え、頭痛、身体もだるくなってきます。
何もする気がしないとか、なんとなくだるいとか、食欲がないという症状はクーラー病です。
一見、夏バテとそっくりですがクーラー病と夏バテは原因が違うので対処法も異なります。

夏バテは体温調節のために出た汗が蒸発せず表面に残ってしまい、のぼせたような状態になることですが、クーラー病は上手く汗をかけなくなって体温調節機能が上手く働かない状態になることなのです。そして、そういう状態を繰り返しているうちに夏バテになってしまうのです。

冷房病対策はどうしたらいいの?

人間の身体は寒い冬は身体に熱をため、暑い夏は汗をかいて体温を下げるという体温を一定に保つ調節機能が備わっていますが、1日中冷房のきいた部屋で冷たい食事や飲み物をとっていると体温を下げる必要がなくなって、暑くても上手く汗をかけなくなってしまいます。

冷房病から身を守るためは、1日中冷房をつけっぱなしにせず、なるべく朝の涼しい時間帯や夕方は冷房を止めて扇風機や扇子、うちわなどを使い、冷房は昼間の暑い時だけ使うようにしましょう。

また、カーテンやすだれで日差しをさえぎったり、外出から戻ったら換気するなど、部屋の温度があがらないようにして体感温度が下がる工夫をしましょう。
冷え性の人や女性は特に冷房から身を守る対策も必要です。冷房の効いた屋内ではカーディガンやジャケットなどをはおったり、ひざかけをかけるようにしましょう。

また、暑いからといってシャワーだけではなくぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。血行がよくなって自律神経も安定します。

 
今年こそ勝つ!夏バテ対策事典